黒酢の効果効能〜健康編

黒酢の効果効能の中で一番に挙げられるのは疲労回復効果です。

 

身体はなぜ疲労するかというと、疲労物質と呼ばれる乳酸などが身体の中で分泌されるからなのですが、黒酢はそれを排出する作用を促進してくれるのです。スポーツ時などの疲労回復と言うとクエン酸なのでは?と思う人もいるかもしれませんね。

 

実はその通りで、黒酢には酢酸が含まれているのですが、これが体内でクエン酸に変化するのです。クエン酸が乳酸を代謝して汗や尿として身体の外に出してくれることで、体内に疲労物質が溜まってだるくなったり筋肉が硬直したりするのを防いでくれます。

 

しかも黒酢の酢酸が変化した良質なクエン酸なので即効性があり、エネルギーを生み出してスタミナもつけてくれるので、どんどん疲れに対抗出来る体質を作り出してくれるのが嬉しいポイントですね。

 

実はエネルギー源となる糖分をクエン酸と一緒に摂ると疲労回復効果が増すのですが、黒酢にはもともと糖分も含まれています。だからクエン酸そのものを摂るよりも、黒酢からより多くの成分を摂取したほうが効果が高いというわけです。

 

そしてアンギオテンシンという成分を含んでいるので、血圧が上昇しすぎるのを抑えてくれる効果もあります。これは普通のお酢にも含まれる成分なのですが、特に黒酢にはたくさん含まれているので、高血圧の抑制には高い効果が期待できます。

 

更に、有機酸を含んでいるので血液中のコレステロールを下げて血糖値を抑えるはたらきもあります。健康目的で黒酢を飲む人が多いのも理解できますね。